読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キッカケは無限大

誰もがそうでしょうけど、今の自分が有るのには何かしらキッカケが有るはず。

そのキッカケを活かすも殺すも自分次第だったりしますよね。

 

 

 

本日のゲスト

f:id:hynm_kaise:20141107162150j:plain

 

悪餓鬼はやや   

 

知り合って7〜8年かな? 出会った頃は現役のキックボクサーで、顔も性格も、もの凄く尖っていた笑 

近所のスーパーで包丁を購入しようとレジに持って行ったら、レジのおばちゃんに通報される等々の伝説も持つ漢  そんな彼も2児の優しいパパです。 現在は仕事も独立し、芸能事務所にも所属し、MMAでの現役復帰を目指しております。

 

 

本日の質問『はややが格闘家になろうと決心したキッカケって何?』

 

 

は『あきらさん、これなんのインタビューっすか?笑』

 

海『笑 まーいいから教えてよ笑 聞いた事無かったからさ、なんで東京に来たかとか』

 

は『そっすね、自分この人相悪い顔の通り、長崎に居たガキの頃から悪さばっかりしてて、まともな生活して無かったんですよ。で、このままじゃ金も無いし、いつまでも子供じゃいられないんで、20歳の時に建設業界に入ったんですよ。』

 

海『人相悪かったもんなぁ笑 でも今は凄く良い顔してるよ』

 

は『それ皆に言われます笑  で、仕事始めたんですけど、建設業界って言っても同僚とか結構真面目な人達ばかりで。 自分だけヤンキーみたいな笑  普通の人に負けたくないじゃないですか。 だからすげぇ頑張ったんですよ、何でも。 そしたら腰をやっちゃって。 結構派手にやっちゃって、入院する事になったんです。』

 

海『腰は大事だからねぇ〜』

 

は『で、大部屋だったんですけど、同室にチンピラみたいなヤツが居て、気に入らない態度してて。目つきとかハナから喧嘩売ってるようなヤツ。 自分もソイツの事、ムカついてたんで、いつも睨んでたんすよ笑』

 

海『病院で喧嘩はやめよう!というか喧嘩はやめよう!!』

 

は『してないですよ! で自分はリハビリの病院に転院する事になって。ソイツとは話す事も無く、新しい病院に移ったんです。新しい病院も大部屋で、そこでも自分が一番年下で、悪い大人に可愛がってもらってたんす。 その大部屋の人達とは、昼間でも夜でも病院抜け出して居酒屋行ったりパチンコ行ったり笑 楽しくやってたんです。

そしたらある日、隣の大部屋に前の病院から例のチンピラが転院して来やがって。あの野郎!って思ってたら、自分の部屋のオジさんが、「アイツも誘って飲みに行こうぜ、お前アイツの事、誘って来い」って言うんですよ。

 

海『そりゃ大変な任務だねぇ、敵対してるんだから』

 

は『そーなんすよ、でも仕方ないんで、「飲みに行くけど、アンタも行くか?」って誘ったんですよ嫌々。そしたら「飲みには行かないわ」って普通に言われて。 で、共通点も合ったんで、話をしてみたんです色々。そしたら、結構話も合うし、実はすげぇ良い人で。毎日話すようになって。で退院してからも会うようになって。飲みに連れて行ってくれたり、仕事の心配してくれたり。

実はその人、競輪の有名な選手だったんです。だから飲みに行くと色んな人が競輪の話をしてくるし、自分の事も「その子は競輪の後輩?」って聞かれたりして。

その人も「いやぁ、こいつは違くて」としか言わない。で、思ったんです {俺って何者なんだろう}って。』

 

海『なるほどなぁ。で、それからそれから』

 

は『長くてすみません。で、そんな僕の気持ちを察したのか、その人が言ってきたんです。「お前はカビの生えた食パンだ」って。「勇気を持ってカビの生えた部分を捨てて、残りが小さくなっても良いからマトモな食パンになれ」って。「まだカビて無い部分が有るウチはやり直せる。チャンスがあるんだ。 カスにはカスしか集まらないぞ。半分になっても上に這い上がれよ!」って。 

競輪の後輩か?って聞かれる違和感。この人と対等になりたい自分。

自分に何が出来るか。何が好きか、何が得意か。考えても考えても自信があるのは

喧嘩くらいだったんですよ笑 で、丁度世の中は格闘技ブームの始まりで。

で、凄い憧れの選手がいて。その選手みたいになりたい。なるしかねぇって思って。』

 

海『その人のファイトパンツ、俺作ってたよ!笑』

 

は『まじっすか!?』

 

海『まじまじ! で上京したわけ??』

 

は『はい!10万とトランクスだけ持って笑 で、その人のジムがある地域まで行ったんですよ。そしたら超高級住宅街で、家賃が目玉が飛び出るレベルでして。。

なんで、上京初日は南千住の公園で野宿してたんです。 そしたらホームレスのオジさんが来て、「そこは俺の縄張りだ!出てけ!!」って言ってきて、喧嘩になっちゃって。さらにそれを見てた人に通報されて、まさかの上京初日は留置所に宿泊したんです笑』

 

海『まじで? 凄いなソレ笑』

 

は『でもその警官の人も自分の訛りを聞いて田舎から出て来たって事で凄く良くしてくれて。人の温かみに触れて、辛い気持ちも頑張ろうに変わったんです。で、お弁当の配達の仕事を早々に見つける事が出来たんですよ、しかも住み込みの。』

 

海『おぉ!凄い!!』

 

は『とにかく頑張ってジムに入るお金も作らなきゃで、仕事頑張ったんです。ゴハンは朝支給される弁当1つ、TVも無いし、ベットも無い。いつもトランクスを並べてその上に寝てました笑』

 

海『トランクスベットかぁ。。。ホント頑張ったんだね』

 

は『でも、こんな人相悪い顔だし、トラブっちゃったんです。ある日、配送ルートが変わって。南大井の配送になって。で、路駐してる車が並んでて、邪魔だからクラクション鳴らしまくったんですよ。そしたら893さんの事務所の前でして笑 でも若気の至りで喧嘩になっちゃって。車から引きづり下ろされて事務所に連れてかれまして。。終わったなぁって。 そしたら893のお偉いさんが「お前田舎ドコだ? いつ上京した?何の為に上京したんだ?」って聞かれて。全部言ったんですよ。そしたら「へぇ〜」ってだけ言われて。

で、いきなり車に乗せられて。配達中ですよ笑 終わったぁ。って思ったら、「着いたぞ」って下ろされて。「じゃーな!」って。』

 

海『ドコで下ろされたの??』

 

は『まさかのその憧れの選手のジムの前だったんです!』

 

海『まじか〜!! すげぇなそれも。ドラマみたいじゃん!!』

 

は『そうなんですよ。でも弁当屋の配達の服着てるし笑 ジムの前でどーしようか考えてたら、某有名選手が出てきて「何してるの??」って優しく話しかけてきてくれて。で「実は入会したくて」って言ったら、案内までして頂いて。そして憧れのジムに入会できたんです。』

 

海『なんかドラマティックの連続でビックリするわ!!』

 

は『で初日、いきなり憧れの選手に「君ミット持って!」って言われて。緊張しながら持ったんです。そしたらフェイントの飛び膝蹴りの練習で。「これ動き読めた?」って聞かれて「全然分からなかったです!」って言ったら、「じゃ使おう!」って言われてて。結果その選手、その数日後、その飛び膝で数秒で相手を倒しちゃうんですけど。』

 

海『会場で見てた!!あれは凄かったよね〜!』

 

は『ここで頑張ろうって思ってやってたんですけど、その憧れの人がオリンピックモードに入られて、レスリング一辺倒になっちゃったんですよ。で、自分もあまりジムに行けなくなっちゃって。で配送ルート近くにあったジムに移籍したんです。』

 

海『駒沢でオリンピック予選も見てたよ〜!あれは痛そうだった!!』

 

は『そのあと、また色んな出会いが有って。井口達也さんとの出会いとか本当に大きくて。井口さんは僕のスポンサーにまでなってくれて。』

 

海『品川さんのドロップ!小説読んだよ俺も!』

 

は『ホント凄い人なんです。で地元長崎からも沢山応援貰って。 でも一番嬉しかったのは、その競輪選手の先輩が長崎で飲みに連れてってくれた時に「その子は競輪の後輩?」っていつもの如く聞かれて、「コイツは格闘家やってる俺の可愛い後輩だ」って言ってくれた事でした。』

 

海『めちゃめちゃ良い話だぁ〜涙』

 

は『本当に何がキッカケになるか分からないですよね。僕は自分が現役復帰したいのもあるんですが、地元長崎で格闘技の大会をやりたいんです。まずはそこに向けて頑張ります。仕事も社長になったばっかりなんで笑 とにかく色んな人に恩を返せるように頑張ります! であきらさんは何がキッカケでアパレル始めたんですか?』

 

海『忘れた。』

 

は『えええええぇぇぇぇ〜!ずるい!笑』

 

 

 

キッカケって誰にも起こりうる事。

 

でもそれを勇気を持って踏み出せるかだと思います。

 

踏み出す勇気。最近忘れてる気がして、改めて頑張ろうと思う今日この頃です。

 

はやや、有難うね!