憧れのハワイ(思い出編)

f:id:hynm_kaise:20140930195842j:plain

『アメリカは貴方の入国を認めません』

かれこれ8年前、新婚旅行でハワイに行った時に、突然入国審査で言われました。

別室に移動させられ、1時間半~2時間くらい尋問やら検査やら。。

『貴方は数年前にオーバーステイし、あげくに窃盗を犯して強制送還されていますね?』

 


おいおい、オレ凶悪犯じゃねぇかよ。。




無実無根。あまりに腹がたって『日本大使館に電話させてくれ』と言っても無視。


『通訳を呼んで!』と言っても無視。

そして1時間半くらいかな、時間は経ち、

 


『コンピューターミス』 の一言


ふざけんなよって騒いで、疲れて表に出ると、僕の姿を見つけた嫁は号泣。。


更にツアーで行ったもんだから、ツアーバスでは大勢の観光客が僕を待ってくれ

ていたようで、嫁はガイドさんに『みなさんに悪いので先に行ってください』っ

て言っていたにも関わらず旅行会社としてもお客さんを置いて先に進む事は現地

の判断では難しいようで。。

引きつった顔のガイドさんが僕の首にレイを掛けてくれようとしたけど、


『いらねぇよこんなモン』って言って野茂英雄さんばりに振り被って投げ捨てて

しまった。。

まぁ案の定、バスに乗り込むとレイを投げ捨てるは遅れるはで、

それを見てた他のお客さんにヒソヒソ文句言われるし、その人らと

結局初日はホテルも一緒だったりしたもんだからロビーとかプールで遭っちゃうし。

まぁ地獄でした。翌日からマウイ島に移動で本当に助かった記憶が有る。




その後、たびたびアメリカに行くも、ツアーではなく手配旅行。

都度、必ず『犯罪者』として30分から1時間くらい入国審査をされた。


娘が産まれて初めてハワイに行った時、いつもの別室に移動させられ30分くらいの入国

審査が終わったあと、

『この嫌がらせ、いつまで続くの? 貴方の国のコンピューターミスでしょ?』

と問うと

『私に言われても困る。貴方個人が自費でアメリカ合衆国を相手にアメリカで

裁判を起こして下さい』と裁判所のパンフレットまで渡された。。


無茶苦茶。ハワイも含め、アメリカに行くのは本当に嫌いになったし、

よっぽどの時以外は行かないようにしてました。



それでも家族の色んな行事もあり、何年振りかにハワイへ。勿論手配旅行で。

あらかじめ分かっている事だから家族には『待ってないで先に行くかスタバでお茶でもし

てて』って入国審査の列に並んでる時に伝えておいた。


そして入国審査。


案の定、担当の人が『貴方はオーバーステイした事が。。。』

と言った瞬間に『毎回毎回そう言われるけど君の国のコンピューターミスだよ』

って冷静に言い放ち、お決まりの別室に移動しようとしたら

『ちょっと待って!』

と言われ、彼は足早に奥の事務室みたいな所に行き、書類を持って上司みたいなオジさ

んを連れてきた。


その書類には到着前後の日付と、100名程度の外人の名前、そして僕の名前と旅券番

号が羅列されていて、『貴方の名前で間違いないでしょうか?』

と聞かれ、『間違いない』と応えると

上司らしきオジさんが、本当に丁寧に

『アメリカのコンピューターミスに巻き込んでしまい、嫌な思いを何年間もさせて

本当にすみませんでした。心よりお詫びします』と深々と頭を下げられた。

数千人に1人くらいの割合のコンピューターミスらしい。日本人ではかなり珍しいらし

いけど。今後もこんな感じで紙での確認になるらしいが、大いなる進歩。

それも5分くらいで確認できたし。



そして『ようこそハワイへ』と言われた。初めてアメリカにハワイに来たなぁと思って、

横を見ると嫁の目が潤んでいたもんだから、僕も少しばかり目が潤んでしまった。



アメリカに謝られ、少しだけ嫌いじゃなくなった気がしました。

 


そんな僕は今調子に乗って、とにかくニューヨークに行ってみたいです。(えへへ)